素敵な思い出をつくる浴衣デート【普段とは違った雰囲気を味わう】

振袖を着るシーン

着物

振袖の特徴と種類

着物の一種である振袖は袖の振り部分が長いのが特徴です。主に成人式などで着用されることが多い印象ですが、振袖は未婚女性であれば何歳まででも着用できる着物でもあります。特徴的な長い袖は振りや振八つ口と呼ばれることもありますが、厳密には振八つ口とは身頃側の袖端を縫い付けず開口している部分を指す言葉で、身頃の脇にある開口部は身八つ口といいます。振袖の柄は華やかでお祝いの席にぴったりな雰囲気をもつものが多く、若々しさを感じるデザインのものが中心となりますが中には控えめな大人の女性に合うものも存在します。振袖には大振袖と中振袖、小振袖と3種類あり、これからそれぞれの見分け方をご説明していきます。まず大振袖は袖丈が114?前後のものをいい、振袖の中で最も高い格式で引き振袖、引き振り、お引きずり、お引きなどとも呼ばれます。次に中振袖は袖丈が100?前後のものをいい、大振袖に次いで格式が高く成人式で一番着られている振袖です。最後に小振袖は袖丈が85?前後のものをいい、3種類の中で一番短い振りではあるものの格式ある絵付けであれば大振袖と同じ第一礼装に分類される着物です。成人式以外の主な着用シーンは、大振袖は披露宴のお色直しなど、中振袖は結婚式などのお呼ばれの席、小振袖は袴に合わせて着られることが多いです。奈良の着物屋さんは数多く振袖の種類が多彩に用意されていますので、まずは大振袖、中振袖、小振袖の3種類の中からどの振袖を選ぶかを予め決めておくと良いでしょう。