素敵な思い出をつくる浴衣デート【普段とは違った雰囲気を味わう】

女性

奈良で振袖を選ぶ

奈良で振袖の購入とレンタルでお悩みの方に、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。振袖は何度着れば購入の方がお得なのか、良いことばかりに見えるレンタルのデメリットって?これから先のことも含め、振袖レンタルと購入についてご説明します。

女性

卒業式の袴

卒業式の袴に合わせる衣類や小物だけではなく、他の袴姿の方と差を付けるキレイに袴を着る為のアイテムをご紹介します。また、袴のレンタルを利用する際の、ネット申し込みの手順や方法をご説明します。

女性

初心者の浴衣デート

浴衣を着慣れていない初心者の浴衣デートは、失敗談を良く耳にします。注意するポイントや浴衣姿の振舞い方などを知っておくだけで、汚すことなく上品に見せることができるのです。歩く際は小股でちょこちょこと、段差は裾を片手で持つようにしましょう。

着物

振袖を着るシーン

奈良で振袖を購入する前に知っておきたい振袖の見分け方。振袖とは袖の振りが長い着物のことで、大振袖、中振袖、小振袖に分かれています。袖の長さ別で分かれており、着用シーンは成人式や披露宴、お祝いの席や卒業式など様々です。

女性

卒業式の袴にかかる相場

大学などの卒業式で袴の着用する場合、レンタルと購入でどの位の価格差があるのでしょうか。レンタルの場合は小物などを含めた袴一式の平均相場は3〜5万円、袴のみのレンタルで8千円〜2万円で、購入の場合は約10万円〜の平均相場です。

浴衣でデートをする

女性

浴衣デート前に知っておきたい便利な情報

普段とは違った雰囲気を味わうことができる浴衣デートは新鮮な分、急なトラブルが多いので対処できるよう事前に準備が必要です。特に女性の浴衣は着崩れしやく着直すことが難しいので、その場で浴衣の着崩れを直せるようにしておきましょう。浴衣の着崩れを自分で手軽に直すのに便利で、コンパクトに持ち歩けるアイテムが2つあります。1つ目は「タオル地のハンカチ」です。浴衣は帯をきつく結んでも時間が経つと緩んでくるものですから、タオル地のハンカチを帯の後ろに詰めることで緩んだ帯を引き締めることができます。2つ目は「安全ピン」です。帯が緩んでくると襟元が崩れてきますので、安全ピンで留めて手軽に着崩れを直せるようにしておきましょう。次に浴衣姿の足元と言えば下駄が一般的ですが、履き慣れていない方や新品の下駄を履く場合は注意が必要です。足指の間に当たる鼻緒が擦れて鼻緒擦れを起こすこともありますので、浴衣デートの前日に鼻緒を指で揉んで柔らかくしておくなどの工夫をしてみましょう。最近では鼻緒擦れ防止のシリコンタイプの下駄が販売されていますので、新しく購入される方はチェックしてみてください。もしも鼻緒擦れを起こしてしまったときに備えて、絆創膏を用意しておくと安心です。また、体調面で気をつけることとして浴衣は体温を上昇させますので熱中症には十分に気を付けて気分が悪くなったら決して無理をしないようにしましょう。当日は着付け、髪型のセットはもちろん、歩きにくく身動きが制限されることやイベント会場が混雑することを予想し時間に余裕を持つことを心掛けて身支度に取り掛かることをおすすめします。アクシデントのない浴衣デートを心掛けて、素敵な思い出を残してください。